エスニック写真図鑑 ア行

エスニックfan写真図鑑

青パパイヤのサラダ(和え物) - ソムタム

「青パパイヤのサラダ」と紹介されることが多いようですが、 本場イサーン(東北地方)のものは、ライムの酸味がやや爽やかではありますが、 唐辛子の辛さとプラーラー (魚を発行させた味噌)の独特の匂いがとても強くサラダとは全く別の食感です。

赤わけぎ

タイ語でホムデン(ホームデーン)、気安く赤タマネギとして認識していますが、 正確には赤タマネギとは別の種類「赤わけぎ」、 色のほかに、ニンニクほどの
小さなサイズも特徴です。 こちらでは玉葱よりもポピュラーで、地元の人は
ホムデンの方が味が濃いと言っていますが 値段的には玉葱の方が高級です。

揚げ魚とバジルのトウガラシ炒め

揚げ魚(白身フライ)とバジルのトウガラシ炒め、カパオ・プラー。 バジル(カパオ)の炒め物では豚肉のカパオムーがポピュラーですが、 大衆食堂のオンザライスの場合は、どちらにしても目玉焼きがついて来るのがお約束…

揚げ卵のタマリンドソースがけ

カイルーククーイ

揚げパン

タイの揚げパン、パトンコー。旅の朝ご飯には打って付けです。

揚げ麺(バミー)

ラートナーの食堂や屋台のガラスケースに積まれているのをよく目にします。

あんかけ揚げ麺

非トウガラシ系の定番、あんかけ揚げ麺ラートナー。

イサーン鍋

レモングラスの酸味とホーラパーのまろやかな苦味が特徴の「チムチュン」、
イサーン鍋と紹介されることもあるイサーン地方の鍋料理です。 鍋はモーディンという素焼きの土鍋が使われます。

イサーン料理・食材

タイ東北地方の料理・食材(索引)。 タイ料理の中でも特に辛いとされ味付けは魚を発酵させた味噌「プラーラー」を多用、 独特の強い匂いを発します。ソムタム、ラープ、ガイヤンなどが有名。 メコンを隔てて対岸のラオス料理と通じています。

イズミダイ

和名・チカダイ、或いはイズミダイ、タイ語でプラー・ニン。 黒鯛のような立派な容姿の淡水魚、ティラピアです。 プラー・ニンのニンは今上天皇明仁陛下の”仁”。陛下が皇太子の頃タイに贈られたのが元で養殖が始まったそうです。

炒り米粉

ラープの香り付けに使います。米はカオニャオ(もち米)

ウリズン

タイ語でトゥアプルー(トゥアプー)、四角豆ウリズン。 本体の断面は長方形ですが、四隅のヒダの方が目立っています。 奇抜な外観のわりには瑞々しい食感です。熱帯アジア原産マメ科シカクマメ属。

エスニック調味料

海老と春雨の蒸し物

海老と春雨の蒸し物、クン・オップ・ウンセン。 「オップ」は蒸すという意味で、その前後は、 ウンセンが春雨、クンがエビです。

鬼殻焼き(テナガエビ)

淡水のエビですが潮の香りがしてきそうなテナガエビの鬼殻焼き。





(c)エスニックfan
アクセスランキング