イサーン料理・食材

エスニックfan写真図鑑

炒り米粉

ラープの香り付けに使います。米はカオニャオ(もち米)

ガイヤーン

鶏の骨付きもも肉で、しかも殆どの場合が炭火焼きですから、普通に想像の範囲内で美味しいです。 朝の市場や道端でもうもうもうと煙をあげてガイヤーンを焼く光景は、イサーン名物と言えるかも知れません。

ガイヤーンのキモ

ガイヤーンといえば鶏のモモ、足ですが、それと同じくらいポピュラーなのが、キモ。 レバーです。朝の市場や道端の屋台を観察するとモモ肉よりもよく売れているように思います。

カオチー

炊き上がったカオニャオ(もち米)にココナッツミルクを混ぜ、 形を整えたあと、卵をつけて焼いたものです。 カオはカオニャオのカオ、チーはイサーン語で焼くという意味。

カオニャオ

イサーンで常食されているもち米です。竹篭から直接指でつまんで、そのまま丸めて団子にしてから食します。

ギンカー

ラープの具。

コー・ム・ーヤン

豚肉のバーベキューで、特にのど肉(首)を使ったものを コー・ム・ーヤンと言い、独特の旨みがあります。普通は屋台でも食堂でも炭火で焼きます。

沢蟹

焼いて食べたりソムタムの具に。

ソムタム

「青パパイヤのサラダ」と紹介されることが多いようですが、本場イサーン(東北地方)のものは、 ライムの酸味がやや爽やかではありますが、唐辛子の辛さとプラーラー (魚を発行させた味噌)の独特の匂いがとても強くサラダとは全く別の食感です。

タプティム鍋

赤い淡水魚「プラー・タプティム」の鍋です。 ダシは中国系醤油ベースの豚骨、椎茸の味も出ていて日本人にも馴染みやすい、 おめでたい雰囲気の寄せ鍋でした。 でもやはり川魚なので独特のクセがあったりなかったり、作る人によって当たりハズレがあるようです。

チムチュン

レモングラスの酸味とホーラパーのまろやかな苦味が特徴の「チムチュン」、
イサーン鍋と紹介されることもあるイサーン地方の鍋料理です。 鍋はモーディンという素焼きの土鍋が使われます。

ミーカティ

米麺センレックにココナッツミルクたっぷりのレッドカレーをかけた料理、 具は豚の挽肉と卵です。口当たりはまろやかですが、少し遅れて辛くなります。

ムーヨー

ベトナム系移民が持ち込んだムーヨー。ラオスを越えメコンを渡りタイ東北までやって来ました。 ハムだかソーセージだか、そんな感じの豚肉の 加工食品です。切ってそのまま食べて良し、和え物にしても良し、煮ても焼いても揚げても美味しいです。

ラープ

炒り米粉で香り付けした肉や魚、ハーブの和え物。具は牛、ブタ、トリ、魚、
挽き肉、モツ、生肉など様々。





(c)エスニックfan
アクセスランキング