エスニックfan写真図鑑タイ料理鍋・焼肉

タイスキ

食堂のタイスキ丼  Web用フリー素材
タイスキ

タイの鍋物といえばタイスキ。タイスキのスキは、
すき焼きの スキだそうですが、すき焼きとは全くの別物で、 しゃぶしゃぶのように上品な代物でもなく、肉類、魚介類、野菜、練り物など めいめいが好きな物を無節操に放り込む寄せ鍋です。 ダシが旨いと美味しい鍋になりますが、 何度か食べたMKスキさんの鍋はなかなかのものでした。 ただ値段も相応なので、小市民の性、やや控え目の鍋になりがちです。 好きな物を好きなだけ注文できたのは、 まだ日本に棲家があった頃だったような気がします。
写真はイサーンでは珍しいHot Pot のタイスキです。 百数十バーツで食べ放題のチェーン店です。 肉や魚の切れ身よりカニカマの方が美味しかったとしても、 ダシに疑惑が生じても諦めざるえない価格設定です。 具の他に巻き寿司屋や日本食のような物もビュッフェに置いています。 この値段でよく頑張っていると感じる味です。 ただ食べる方も負けじと頑張る小市民の性、 帰る時にはいつも気持ち悪くなっています。(2009年9月)



タイスキ
タイスキのタレ
タイスキのタレ 

タイスキの薬味
薬味唐辛子とニンニク

辛口のタレに激辛の薬味を盛るのがタイスタンダード。 場合によっては、寿司コーナーから醤油を持って来た方が幸せになれるかも知れません。


食堂のタイスキ丼

タイスキ タイスキの丼蜂バージョンです。肉、魚介類、野菜、 具沢山のクノールスープに、タイスキのタレを混ぜて仕上げます。 タレのベースはチリソースで、ナムチムガイより辛く酸味も強めです。 ナムチムスキとも呼ばれています。 タレは色々市販されていて、オリジナルで作ることもあり、 まちまちですが、日本人としては醤油もからめて エスニック風ちゃんこにして食べるのが上策です。 タイスキのルーツは、すき焼きでも、しゃぶしゃぶでもなく ちゃんこ鍋にあるように思います。 多彩な具の旨みが味の決め手です。 本格的な鍋にする場合は、クノールスープを使うと 煮えたぎってよろしくないので、鶏がらなど、 きちんとダシを使う必要があります。 ただ一般的なタイ家庭では、出費には無頓着でも手間隙は惜しむので、 状況に関わらず安易に化学に頼る傾向があります。 GDPに対する”味の素”の消費量は世界一かと思われます。 写真は中途半端にタレを入れた状態で、 スープがにごっているのは、味付け海苔によるものです。 見るからに安っぽい感じの豚ミンチの、のり巻きですが、 それなりに、結構いい味だしていました。 こちらではこういう具が、お洒落でナウくて人気があります。

主な材料
ナムチムスキ 肉類魚介類
えのき、空芯菜、白菜など野菜
春雨


Web用フリー素材

利用規約

フリー素材 タイスキ フリー素材 タイスキ フリー素材 タイスキ


焼肉・ムーガタ >> 

photo by タイ壁紙写真館

写真図鑑タイ料理鍋・焼肉
アクセスランキング